牛肉に多く配合されているアラキドン酸
血小板凝集能

牛肉に多く配合されているアラキドン酸

牛肉は現代の食卓ではなくてはならない存在になっていると思います。
牛肉を使う例では、牛丼やすきやきなど、日本を代表する料理には牛肉が使われています。
牛肉の栄養分は思ったよりも豊富で、生きていく上では非常に必要な栄養が多く含まれています。
アラキドン酸も含まれているのですが、これは特にレバーに多く含まれています。
肉の中でも多く含まれているのは、牛だけに限らず、豚のレバーにもアラキドン酸は多く含まれています。
アラキドン酸が多く含まれると入ってもレバーはよく敬遠されがちな部位で、食感が好きではないなどという人も多いと思います。

しかし、栄養素の豊富さから、上手に食べることが大切です。
そこでおいしくたべられるレシピを紹介します。
まずは定番の野菜との炒め物です。
そこに匂いの強い野菜のツルムラサキを使い、独特の臭いを掻き消そうとする狙いがあります。

また牛レバーの竜田揚げもあります。
これはさくっとおいしく食べられると思います。
他にもさまざまなレシピがありますが、共通して言えることは、いかに食感や独特な味を気にせずおいしく食べられるかという目的が見受けられます。
工夫をすることでほとんどの人がおいしいといえるようなおかずが作れるという料理の醍醐味が牛肉のどの部分も食べられるようにする一種の楽しみでもあります。

肉料理は若い方には好まれますが、ご年配の方が毎日食べるのは大変ですよね。
アラキドン酸は牛肉以外にもいくつかの食材に含まれているため、違う食材で摂ることも一つの方法ですが、もっと効率良く摂る方法があります。
それはサプリメントからアラキドン酸を摂る方法です。
サプリメントを飲んだことがある方はわかると思いますが、サプリメント1粒には必要な成分が濃縮されているので1日2~3粒飲むだけで、必要な量を摂ることが出来ます。
毎日がっつりとした肉料理から摂らなくてもサプリメントに頼ってみてはいかがですか?
アラキドン酸サプリを摂る際の注意点がいくつかあるようなので、併せてご覧ください。