肝臓環境もサポートしてくれるアラキドン酸の効果
血小板凝集能

肝臓環境もサポートしてくれるアラキドン酸の効果

アラキドン酸の存在範囲は特に脳の海馬ではあるものの、その他の部分にもアラキドン酸は含まれています。
そもそも主な機能としては神経細胞を作るということではあるのですが、実際には他にも機能があり、生体成長ホルモンを作り出しているということです。
その中でも肝臓について詳しく見ていきます。
肝臓の役割は、毒素を無毒なものに変える「解毒」をしたり、体内の恒常性を維持したり、食べたものに含まれる糖分のグルコースをインスリンというホルモンによりグリコーゲンに変えたり、免疫の調節をしたりするという重要な役割を持っている臓器です。
この臓器は、成人を超えてからのお酒によるアルコールを分解する機能もこの肝臓が受け持っています。

さらには薬の代謝も肝臓です。
薬は主作用を利用した物質ですが、本当は毒です。
体にとっては異物であると判断されるので、分解して尿などで体の外に排出しようと試みています。
その前に解毒をするときに用いられるのです。
用途が多いために、やはり疲れてしまう臓器なのです。

ここでアラキドン酸を用いることにより、肝機能を調節し、肝機能の向上をしてくれると期待されています。
最近よく疲れている方がいらっしゃったら、肝臓の機能が悪いのではないかと疑ってみてください。
そのときにはアラキドン酸を摂取して、様子を見ることもお勧めします。

こちらにはアラキドン酸の女性への効果と男性への効果がそれぞれ詳しく解説されています。
男女共通の効果もたくさん期待できますので、是非みなさん一緒にアラキドン酸を摂っていきましょう!