乳幼児の成長をサポートするアラキドン酸の成分
血小板凝集能

乳幼児の成長をサポートするアラキドン酸の成分

アラキドン酸が乳幼児の成長に関係があるのはなぜかというとそれは神経新生を促すからで、神経細胞の大部分は胎児期や乳児期に作られ、それが今後のあらゆる成長つながっていきます。
赤ちゃんのころ、よくいたずらなどされなかったでしょうか。
目を離したすきに落書きをされていた、紙を破られていたなどといった行動は、実は脳が成長している証拠です。
これはすなわち、神経新生が問題なく行われている証拠なのです。

ではアラキドン酸はどこで摂取されているのでしょうか。
それはお乳からのミルクや粉ミルクに含まれているのです。
したがって、乳児期は大切な時期なのです。
以上のことから、育てる身である親は、栄養に対する知識をしっかりと身に着ける必要があります。

実は乳幼児はかなり多くの栄養分を必要としています。
よって、食生活の管理は重要とされています。
幼児期になると少なからず好き嫌いができてしまう時期です。

こうした好き嫌いをなくすという仕事も親の役目です。
この親の努力が、実はこれからどれだけ効率よく様々な栄養を摂取できるかのカギを握ります。
今回のアラキドン酸についても、様々な食材に含まれている成分です。
様々な食材を駆使して、アラキドン酸だけではなく他の栄養素も効率よく摂取できるように努力しましょう。